薬剤師相談所

こんにちは薬剤師のお仕事について調査している現役薬剤師のカナコです♪

今回は「薬剤師業界で働いている人たちってどのくらいいるの??」をテーマをもとに現役薬剤師さんの数や、年齢別男女比、薬局以外で働く薬剤師さんの人数などを調査しました!

グラフを使って分かりやすく説明するので、これから薬剤師になりたいと考えている人も、現役の薬剤師さんの人も知っておくと「へぇ〜そうなんだ!」「意外だった!」なんて思ってくれたらうれしいです!

まず現役薬剤師さんの数ってどれくらいなの??

現役薬剤師さんの総数はいま約28万人で、男性が約11万人、女性が約17万人となっています。このグラフでもわかるように「女性が多い」というのが特徴の職業ですね!!ちなみに看護師さんも女性が多いってイメージですよね?看護師さんの場合約6%を男性が、残りの約94%を女性が占めると言われています。こちらの職業は圧倒的に女性が多い職業ですね(笑)看護師さんより薬剤師さんの職場のほうが男性も働きやすいかもしれませんね!

何歳くらいの人が働いているのかな??

実際薬剤師って何歳くらいの人が働いてるのか気になりますよね?それでは今度は年齢別のグラフを見てみましょう♪♪右のグラフでもわかるように働き盛りで、まだまだ若い20代から衰えてきたな〜と思う50代まで大きな年齢別での差はないのが薬剤師さんです。平均年齢としては44.5歳と、年齢に関係なく長く働けるのが薬剤師さんという職業のもう一つの特徴かもしれませんね?

このグラフでは男女比がわかりませんよね(汗)そう思ったので作っておきました♪♪では次は下のグラフを見ていきましょう!!

男性年齢別
女性年齢別

薬局・医療施設に従事する薬剤師さんを性別でわけてみると、、男性が約6万5千人女性が約13万2千人となっています。また女性薬剤師さんと、男性薬剤師さんを比較すると、男性薬剤師さんは薬局や医療施設で働くだけでなく、医薬品関係企業などで働く人もいますよ!!

薬剤師さんて薬局のイメージだけど??


ぜひ下のグラフを見て下さい!!
薬剤師さんは薬局や、ドラッグストアだけでなく色々なところで実は活躍しているんですよ!!

一番多いのが、やはり薬局・医療施設です。調剤薬局や病院勤務の方がこちらに当てはまります。最近、調剤薬局でもパート、正社員だけでなく、派遣が増えてきて、より柔軟に働き方を選べるようになりました。さらに、6年制の導入により、薬剤師の人数が一時的に減少し、調剤薬局の薬剤師年収が高騰していることを加味すると、この比率はしばらくは変わらなそうですね。では上のグラフの続きで、職種別での年齢の割合を見てみましょう!

衛生行政機関又は保健衛生施設
医薬品関係企業
大学

「企業」、「衛生機関」では40代以上の割合が多く、ベテラン薬剤師さんがこの業界を支えているようですね!40代以上でこういった職種の方は、管理職クラスとその他で年収に大きく差が出てきます。これだけ経験を積んだ人の層が厚いと、なかなか若手で管理職に抜擢されるというパターンは難しいかもしれません。地道にキャリアを積んでいく必要がありそうですね。

最後にカナコから・・・

今回は薬剤師さんの「数」ということにだけ着目してみました!!細かなところを省き、数だけを見るだけでも薬剤師さんのイメージと違ったところや、思っていた通りのところもあり面白いですね♪♪これから薬剤師になりたいと考えている人の参考になれたら嬉しいです♪